最近、海底火山の噴火が注目されている。 2021年8月に大量の軽石を放出した福徳岡ノ場や、2022年1月に大噴火を起こし、日本まで津波が到達したトンガのフンガ?トンガ―フンガ?ハアパイ火山のニュースは記憶に新しい。

最近,海底火山的噴發引起了人們的關注。2021 年 8 月噴出大量浮石的福德岡火山,以及 2022 年 1 月造成大噴發和波及日本的海嘯的湯加火山,這些火山噴發的場景至今仍歷歷在目

一度噴火すると大きな被害を及ぼすおそれのある海底火山だが、話題となった海底火山の一つ、「大室ダシ」をご存知だろうか。伊豆大島と利島の近く、東京灣の入り口からわずか60kmという場所にある海底火山だが、過去1萬年以內に噴火した可能性があることが最新の研究で明らかになった。どうやら東京から高速船で2時間弱ほどの距離の海底には、まだ私たちの知らない世界が広がっているようだ。

海底火山一旦爆發就會造成重大損失,但你聽說過最受關注的海底火山之一——大室山火山嗎?這是一座海底火山,位于伊豆島和豐島附近,距離東京灣入口僅60公里,但最新的研究顯示,它可能在過去1萬年內爆發過。顯然,海底有一整個世界,從東京乘高速船不到兩小時就到了,而我們還不知道。

では、この大室ダシは一體どんな海底火山なのだろうか? 噴火年代の推定をはじめ、この火山の研究を行うJAMSTEC(國立研究開発法人海洋研究開発機構)海域地震火山部門 火山?地球內部研究センターのアイオナ?マッキントッシュ研究員と羽生毅グループリーダーにお話をうかがった。(取材?文:小熊みどり)

那么,這個大室的海底火山是什么樣的呢?我們采訪了艾奧娜·麥金和羽生毅,他們是JAMSTEC(日本海洋地球科學和技術機構)海洋地震和火山學部火山和地球內部研究中心的研究人員,他們正在研究這座火山,包括估計其火山年齡。
原創翻譯:龍騰網 http://www.top-shui.cn 轉載請注明出處


採取されたチムニーを持つ研究航海首席研究者の谷健一郎さん(現國立科學博物館)。アイオナ?マッキントッシュさんも乗船した調査をリードした/寫真提供 JAMSTEC「大室ダシ」は冒頭で示した通り、東京灣の入り口から南西にわずか60kmの距離にある海底火山だ。幅20kmの臺地狀になっており、水深は120mほどと淺海にある海底火山と言える。中央には「大室海穴」という、大きさ1.2×0.7km、深さ100mほどのくぼみがあり、火口と考えられる。そして、その名の由來には諸説あるそうだ。

正如導言中所指出的,大室是一座海底火山,位于東京灣入口處西南方向僅60公里處。它是一個高原形狀的火山,寬度為20公里,深度約為120米,是一個淺水區的海底火山。在火山中心有一個1.2 x 0.7公里,100米深的凹陷,稱為大室海穴,被認為是一個火山口。關于其名稱的來源有各種說法。
原創翻譯:龍騰網 http://www.top-shui.cn 轉載請注明出處


「もともと好漁場として地元の漁師に知られていたそうで、その場所は海上から眺めたとき、伊豆大島の三原山越しに、伊豆半島の大室山が顔を“出す”場所ということから『大室ダシ』と呼ばれるようになったと聞いています」 (羽生毅グループリーダー)。

我聽說它最初被當地漁民稱為良好的漁場,而 "大室山 "這個名字的由來是,從海上看,伊豆半島的大室山好像在"探出頭來"。組長羽生毅。

そんな大室ダシが研究者たちの間で注目されるようになったのは2007年のことだ。海底火山には、現在活動しているものと、過去に活動していたが今は活動していないものがあるが、大室ダシは後者だと思われていた。しかし、この年、JAMSTECの研究チームが大室ダシの現地調査を行い、海底の熱流量(地球內部から地表面へ流れ出る熱の流れ)を測定したところ、高い値を示した。これは地下に高溫のマグマが存在する可能性が高いことを意味する。大室ダシは現在も活動している可能性があることがわかったのだ。

直到2007年,大室山才開始吸引研究人員的注意。一些海底火山目前是活躍的,而另一些則在過去是活躍的,但現在已經變成死火山了,大室山被認為是后者。然而,在那一年,JAMSTEC的一個研究小組對大室山進行了實地調查,并測量了海底的熱流(從地球內部流向表面的熱量),結果顯示數值很高。這意味著地下很有可能存在熱巖漿。人們發現,今天大室山可能仍處于活躍中。

JAMSTECはその後2012年と2016年にも大室ダシの現地調査を行った。2012年當時、英國のダラム大學の博士課程の學生で、JAMSTECに6週間短期滯在していたマッキントッシュさんも、この調査に同行した。

JAMSTEC隨后在2012年和2016年分別對大室山進行了實地調查,陪同調查的是英國達勒姆大學的博士生麥金女士,她在2012年調查時,在JAMSTEC進行為期六周的短期訪問。

このとき、調査チームは、無人探査機「ハイパードルフィン」を潛航させ、大室海穴から熱水が吹き出しているのを発見した。やはり大室ダシは活動していたのだ。調査チームは、海底の熱水が吹き出しているところから、熱水中の金屬などが煙突狀に固まった「チムニ―」を、ロボットアームで採取。また、大室ダシの過去の噴火で噴出して海底に沈んだ軽石や、噴火時の溶巖が固まった流紋巖も海底から採取し、JAMSTECに持ち帰った。

當時,研究小組將無人駕駛的探測器下潛,發現熱水從大室山口噴出,表明火山仍在活動。研究小組使用一個機械臂從熱水噴出的海底區域收集 "煙囪",即金屬和其他物質在熱水中形成的煙囪式凝固體。大室過去噴發的沉入海床的浮石和流紋巖,即噴發后凝固的熔巖,也被從海床上收集并帶回到JAMSTEC。

「私にとって初めての船での現地調査でした。海底の熱水噴出孔を発見し、そこから引き揚げられたチムニーを見たときには感動しました。大室ダシが東京からあまりにも近く、淺いことにも驚きました。私はそれまで火山やマグマ全般について研究していたのですが、この調査が海底火山の研究を始めるきっかけになりました」(アイオナ?マッキントッシュ研究員)

這是我第一次乘船進行實地考察。當我在海底發現熱液噴口并看到從中取出的“煙囪”時,我印象深刻。我還驚訝于大室離東京如此之近。我以前曾研究過火山和一般的巖漿,但這項研究使我開始研究海底火山
原創翻譯:龍騰網 http://www.top-shui.cn 轉載請注明出處


火山は周期的に噴火することが多いので、「この火山がいつごろ噴火したか」は、次の噴火の時期を予測するためにも重要な情報だ。過去の噴火時期を知るには、降り積もった火山灰?軽石などの噴出物や、噴火時の溶巖が固まった巖石を調べ、年代を算出する。

火山經常定期噴發,因此 "這座火山上次何時噴發 "是預測下一次噴發時間的重要信息。要想知道一座火山在過去什么時候噴發,就必須檢查噴出物,如噴發時落下的火山灰和浮石以及熔巖中硬化的巖石,并計算出噴發的年齡。

具體的には、地層や巖石に含まれる放射性元素(放射線を出して違う元素になる、つまり放射壊変する元素)の量から年代を算出する。これを「放射年代測定法」という。どの放射性元素を使うかによっていくつか方法があるが、よく使われるのは、質量數が14の炭素を使ったC14法や、質量數が40のカリウムが放射壊変してアルゴン40になることを利用したカリウムーアルゴン法だ。

具體來說,年齡是根據地層和巖石中的放射性元素(釋放輻射并成為不同元素的元素,即放射性衰變)的數量來計算的。這被稱為輻射測定法。有幾種方法,不同的方法取決于使用哪種放射性元素。最常用的方法是C14法,使用質量數為14的碳,以及鉀-氬法,使用質量數為40的鉀的放射性衰變形成氬-40。

しかし、これらの測定法には限界がある。C14法は炭素が含まれる地層、つまり植物などの有機物が含まれる地層なら年代を測定できるが、無機物の火山灰や巖石そのものには炭素が含まれていないため、適用できない。また、カリウム40は半減期(全體の半分の量が放射壊変する時間。元素によって決まっている)が約13億年と長く、およそ10萬年より古いものでないと測れない。

然而,這些方法有局限性:雖然C14方法可以為含碳的地層,即含有植物等有機物質的地層確定日期,但它不適用于無機火山灰和巖石本身,因為它們不含碳。另外,鉀-40有一個半衰期(總量的一半發生放射性衰變的時間)。它只有在元素的年齡超過約10萬年時才能被測量,因為它的半衰期很長,約為13億年。

つまり、若い海底火山の噴火年代を噴出物の年代から直接知る手法は“ない”のだ。今回のサンプルも、當初、そこまで古いものではないと考えられたため、これらの測定法ではなく、間接的に求める方法を考える必要があったと言う。そこでマッキントッシュさんらは、國立科學博物館やカンタベリー大學の研究者と共同で2つのアプローチで大室ダシの過去の噴火時期を推定した。順を追って見ていこう。

換句話說,沒有任何方法可以從噴出物的年齡直接確定一個年輕海底火山的噴發年齡。這次獲取到的大室火山的樣本據推算形成時間不算很長,所以有必要考慮用間接的方法來確定火山爆發的年齡,而不是用這些方法。因此,麥金和他的同事與國家科學博物館研究人員合作,使用兩種方法來估計大室過去的噴發日期。讓我們依次看一下它們。

方法1:大室ダシの巖石の化學組成からのアプローチ。まず、マッキントッシュさんたちは大室ダシの海底から採取した流紋巖と、伊豆諸島で採取した軽石の化學組成を調べた。伊豆諸島の地層に含まれる火山灰や軽石には、伊豆諸島の陸上の火山活動と、サンプルの年代や化學組成の情報が対応せず、どこから來たのか不明なものがある。すでに把握されている伊豆諸島の陸上にある火山の活動で噴出したのではないとすると、もっと遠くから來たか、海底火山由來かということが考えられる。このような地層中のサンプルを、大室ダシで採取された巖石試料と比較したというわけだ。

方法1:分析大室巖石的化學成分。首先,麥金和他的同事檢查了從大室海底收集的流紋巖和來自伊豆群島的浮石的化學成分。伊豆群島地層中的一些火山灰和浮石與伊豆群島陸上火山活動以及樣品的年齡和化學成分信息不相符,因此不清楚它們來自何處。如果它們不是由伊豆群島陸地上的火山活動噴發出來的,它們可能來自更遠的地方,或者源自海底火山。這就是為什么將地層中的樣本與在大室采集的巖石樣本進行比較。

すると、伊豆大島?利島の火山灰層に含まれている軽石に、大室ダシのサンプルと化學組成が一致するものがあった。この火山灰層は、上下の地層の年代の測定から1萬3500年前の噴火によるものと考えられていたが、「どの火山」の噴火によるものかはわかっておらず、マッキントッシュさんらの研究によって、この火山灰?軽石を降らせたのは大室ダシだということが判明したのだ。つまり、大室ダシは1萬3500年前に噴火し、伊豆大島や利島まで火山灰や軽石を降らせたと考えられるのだ。

然后,研究人員檢測了伊豆島和豐島的火山灰層中的一些浮石,發現其化學成分與大室的樣本相符。根據地層的年代,人們認為這個火山灰層是由一座火山爆發出來的,大約在13500年前爆發,但不知道是 "哪座火山 "爆發的。麥金和他的同事的研究顯示,是大室山噴發了這些火山灰和浮石。換句話說,大室山被認為是在13500年前爆發的,并將火山灰和浮石排到了伊豆島和豐島。

方法2:溶巖中の水の量と年代を対応させるというアプローチ。次に、マッキントッシュさんは、大室ダシの巖石サンプルに含まれる「水の量」に注目した。マグマは、ゆっくり冷えると結晶化して鉱物を多く含む巖石になるが、水中での噴火のように急激に冷やされると結晶ではなくガラス質になる。このガラス質には、もとのマグマに溶けていたのと同じ量のさまざまな火山性ガスが含まれている。そして、それらの火山性ガスのうち、大室ダシのような流紋巖マグマに最も多く含まれるのは水だという。

方法 2:一種將熔巖中的水量與年齡相匹配的方法。接下來,麥金將重點放在大室巖石樣本中所含的“水量”上。 當巖漿緩慢冷卻時,它會結晶成富含礦物質的巖石,但當快速冷卻時,例如在水下噴發時,它會變成玻璃狀而不是結晶狀。這種玻璃狀物質含有等量的溶解在原始巖漿中的各種火山氣體。而在這些火山氣體中,大室火山的流紋巖漿中水含量最為豐富。
原創翻譯:龍騰網 http://www.top-shui.cn 轉載請注明出處


そしてこの水には2種類の形態がある。H?O分子の形と、-OH基という形だ。この2種類の比率は、マグマの化學組成や溫度によって決まる。また、H?O分子は、マグマが冷卻して巖石になった後にも海水が徐々に浸み込んで巖石中(ガラス質中にも)に入ってくる。これを「水和」という。一方、-OH基の量は水和によって変化しない。この點が重要だ。そこで、マッキントッシュさんはフーリエ変換赤外分光光度計(FTIR)と呼ばれる裝置で、(溶巖が固まった)巖石中のガラス質に含まれているH?O分子と-OH基の量を測った。

而這種水有兩種形式:以H?O分子的形式和以-OH基的形式。這兩種類型之間的比例取決于巖漿的化學成分和溫度。在巖漿冷卻變成巖石后,H?O分子也逐漸浸透海水,進入巖石(和玻璃質材料),這就是所謂的水化。另一方面,-OH基團的數量不隨水化而變化。這很重要。因此,麥金用一種叫做傅里葉變換紅外分光光度計(FTIR)的設備測量了(凝固的熔巖)巖石中玻璃狀物質的H?O分子和-OH基團的數量。

巖石中に溶ける-OH基の量は水圧に比例することがわかっている。水圧が高いほど、巖石中に水が強く押し込まれるからだ。かつ、水圧は水深に比例する。したがって、巖石中の-OH基の量を測ることによって、噴出した時の水深が分かる。

已經發現溶解在巖石中的-OH基團的數量與水壓成正比。這是因為水壓越高,水被強迫進入巖石的力度越大。此外,水壓與水深成正比。因此,通過測量巖石中的-OH基團的數量,可以確定噴發時的水的深度。

ただし、水深、つまり海面の高さは時代によって変化する。地球が溫暖な時代には、陸上の氷がとけて海に注ぎ、海面が高い。逆に、氷河期は海面が低い。このことは海面の高さの変動の研究などでわかっている。つまりマッキントッシュさんらは、-OH基の量と過去の水深の記録を突き合わせることで、-OH基の量と溶巖の噴出年代を対応させようと考えたのだ。

然而,水的深度,即海面的高度,隨著時間的推移而變化。在全球變暖期間,陸地上的冰融化并涌入大海,導致海平面升高。反之,在冰河時期,海平面很低。這一點從對海平面波動的研究中可以得知。換句話說,麥金和他的同事希望將-OH基團的數量與過去的水深記錄相匹配,以便將-OH基團的數量與熔巖噴發的年齡聯系起來。
原創翻譯:龍騰網 http://www.top-shui.cn 轉載請注明出處


8年越しの成果! 困難伴った年代測定にどう挑んだか?ただ、この水の量に注目した年代測定の手法の確立にはたくさんの苦労を伴ったという?!杆饯弦郧挨镕TIRを使っていましたが、思いのほかたくさんの困難があり、計測手法の確立とデータ解析、データの解釈に8年もかかってしまいました」(アイオナ?マッキントッシュ研究員)

醞釀八年之久! 他們是如何應對測量挑戰的?然而,建立以含水量為重點的測量方法涉及到大量的艱苦工作。我使用FTIR已經有一段時間了,但困難比我想象的要多得多,花了8年時間來建立測量方法、分析數據和解釋數據

計測のためのサンプルを準備する困難さ、巖石をFTIRで計測するとき、通常は巖石を薄く研磨して厚さを一定にしてから計測する。しかし、今回計測したサンプルには細かい気泡が多く、通常のやり方ではうまくいかなかった。幸い、JAMSTECにあるFTIRでは少量のサンプルがあれば計測可能なので、サンプルを砕いて、ガラス質の部分だけを拾い集めて測ることにしたという。

測量的準備工作異常困難、用FTIR測量巖石時,一般在測量前將巖石打磨得很薄,使其厚度均勻。然而,這次測量的樣品有許多小氣泡,一般的方法不起作用。幸運的是,JAMSTEC的FTIR可以測量一個小的樣品,所以他們決定取部分樣品,只拿起玻璃質部分進行測量。

正確に-OH基の量を計測する難しさ、上記の方法で計測はできたものの、データの処理が通常よりも複雑になった。解析や補正をするときには(當時のソフトが古くて自動ではできなかったこともあり) 、一つ一つプリントアウトしたデータを見て、解析のベースラインを手作業で引いた。かなりの時間を要し、マッキントッシュさんにとっては退屈な作業だったそうだが、緻密な作業の繰り返しが研究成果につながったというわけだ。

難以準確測量-OH基團的數量。盡管上述方法能夠進行測量,但數據的處理比一般情況下更復雜。在分析和糾正數據時(部分原因是當時的軟件太老,無法自動完成),數據被逐一打印出來,分析的基線是手工繪制的。這花了相當多的時間,對麥金來說是繁瑣的工作,但重復細致的工作最終產生了卓越的成果。

果たして推定の結果は正しいものか、そして最も大変かつ重要だった點は、 マッキントッシュさんが考案した「-OH基の量と水圧、過去の水深との対応から噴出年代を推定する手法」には前例がないので、年代推定がこれで正しいか、手法の有効性を証明する必要があったことだ。

估算的結果是否正確?最困難也是最重要的一點是,麥金先生設計的根據-OH基團的數量、水壓和過去的水深來估計噴發時間的方法并沒有先例,因此有必要證明該方法的有效性和噴發時間的估計是否正確。

そこで、2012年に噴火したニュージーランドの海底火山のサンプルも同じ方法で-OH基の量を測った。このサンプルについては、噴火した日や、サンプル採取地點の水圧?水深がわかる。このサンプルで-OH基の量が水圧?水深と対応できたことから、考案した方法は過去のサンプルの年代推定にも使えると実証できた。

因此,新西蘭2012年爆發的一座海底火山的樣本,研究人員也用同樣的方法測量了其-OH基團的數量。對于這個樣本來說,火山爆發的日期以及樣本采集點的水壓和深度是已知的。該樣本中-OH基團的數量與水壓和水深相對應,這表明所設計的方法也可用于估計過去樣本的年齡。

こうしてマッキントッシュさんらは、海底火山の噴火年代を求める新しい手法を考案した。大室ダシの2つの軽石サンプルを測った結果、1つは約1萬4000年前 、もう1つは約7000~1萬年前、と噴出した年代が求められたのだ?!搁L年考え続け、試行錯誤してやってきたことがようやく解決し、とても嬉しくて、アイスクリームを食べてお祝いしました」 (アイオナ?マッキントッシュ研究員)今後は他の海底火山の噴火年代もこの方法で推定できそうだ。

因此,麥金和他的同事設計了一種新的方法來確定水下火山噴發的時間。通過測量來自大室的兩個浮石樣本,他們能夠確定火山爆發的年齡——一個大約在14000年前,另一個大約在7000-10000年前。經過多年的思考和試驗,我們終于解決了這個問題,我們非常高興,研究人員說到。在未來,其他水下火山的噴發年齡也可以用這種方法來估計。

“次の噴火”にどう備えるか、7000~1萬年前と、1萬3500~1萬4000年前に噴火していた可能性があるとわかった大室ダシ。これまでにも觸れたが、マッキントッシュさんは將來の海底火山の噴火を予測する上で、このような過去の噴火を調べることは重要だと指摘する。また羽生さんも被害を防ぐ観點から、海底火山の動向には注意が必要だと教えてくれた。

如何為 "下一次噴發 "做準備。大室火山被發現可能在7000年至10000年前或13500年至14000年前爆發。正如我們所提到的,麥金指出,為了預測未來的水下火山噴發,研究這些過去的噴發是很重要的。研究人員還告訴我們,從預防災害的角度來看,有必要關注海底火山的發展趨勢。

「陸上にある火山なら、すぐに現地に行ってサンプルを採取できるので、過去の噴火の時期や規模を地層から調べやすく、観測裝置を設置して活動をモニターすることもできます。しかし、海底火山は観測裝置を設置するのが難しく、活動を把握しにくいのです。だからこそ、過去の記録を調べることが大事だと思います。伊豆大島には活火山の三原山があり、伊豆諸島のみなさんはすでに火山と共に暮らしているので噴火への心構えはあると思いますが、過去の噴火の記録と、そこから導かれる將來の噴火の想定について、私たちはできるだけ情報を集めて提供していきたいと思います」(アイオナ?マッキントッシュ研究員)

'對于陸上火山,很容易從地質地層中確定過去噴發的時間和規模,因為可以立即在現場取樣,并且可以安裝觀察設備來監測火山活動。然而,對于海底火山,很難設置觀察設備,也很難監測其活動。這就是為什么調查過去的記錄很重要。伊豆島上有一座活火山——三原山,伊豆群島的人們已經和火山生活在一起,所以他們對火山爆發有準備,但我們希望收集并提供盡可能多的關于過去的火山爆發記錄和由此得出的未來火山爆發的假設的信息",研究員說到。

「被害の想定は難しいのですが、1萬3500年前の大室ダシの噴火で降った軽石や、厚さ25 cmもの火山灰が伊豆大島や利島で見つかったことから、大室ダシが噴火すると伊豆大島や利島に噴出物が降るかもしれないといえます。程度によっては避難が必要になるかもしれません。福徳岡ノ場のように、大量の軽石が噴出、漂流して、船が運航できなくなるかもしれません。 また、流紋巖質のマグマは粘性が高く、玄武巖質マグマの火山よりも爆発的な噴火を起こす可能性が高いという懸念もあります。大室ダシは海底にあるので、陸上の火山と違って噴出物の勢いは海水で抑えられますが、海底火山にしては水深が120 mと比較的淺いので、注意は必要だと思います」(羽生毅グループリーダー)

'很難估計損失,但由于發現了13500年前大室火山噴發時落下的浮石,以及在伊豆島和俊島發現了厚達25厘米的火山灰,可以說大室橋的噴發可能會在伊大島和俊島降下噴發物。根據程度不同,可能需要疏散。例如在福徳岡,大量的浮石可能會漂移,使船只無法運行。還有人擔心,流紋巖巖漿的火山比玄武巖巖漿的火山更粘稠,更容易爆發。由于大室火山位于海底,與陸地火山不同,噴發的動力由海水控制,但水深為120米,對于海底火山來說相對較淺,因此需要謹慎"(小組組長羽生毅說到)。

海底火山は「発見」の連続! 研究の魅力に迫る最後に、海底火山研究の醍醐味をお二人にうかがった?!秆芯繉澫螭趣筏苹鹕饯悉猡筏恧い人激盲皮い蓼工?、その中でも海底火山はそもそも実態がよくわかっていないので、調べるたびに新しいことがわかるのがおもしろいです。何を発見できるかも調べてみないとわかりません。地球の表層なら衛星畫像などでわかりますが、海底火山は海に潛らないと、そこに存在するかもわかりません。私たちは、海底火山がどのように形成されて、人のくらしにどのような影響を及ぼすのかを、理解しようとしています。海底火山の近くだけでなく、周辺の島々も含めてもっと広範囲を調べる必要がありますし、船での現地調査にもまた行きたいです」(アイオナ?マッキントッシュ研究員)

最后,我問研究員為什么對研究海底火山有興趣。我認為火山作為一個研究課題是很有趣的,特別是海底火山,因為我們并不真正知道它們是什么,所以每次我們研究它們的時候都能學到一些新東西,這很有意思。在你做研究之前,你不知道你可能會發現什么。我們可以從衛星圖像中看到地球的表面,但是對于海底火山,我們甚至不知道它們是否存在,除非我們潛入海中。我們正試圖了解海底火山如何形成,以及它們如何影響人們的生活。我們需要查看更廣泛的區域,不僅是在海底火山附近,還有周圍的島嶼,我們希望乘船回到現場"(研究員說到)。

「私はもともと時間スケールが數十億年単位と長い、地球の形成史に興味がありました?;鹕饯系厍颏沃肖嗓Δい顟Bになっているのかを知る手掛かりになります。また、なぜその場所に火山があるのかを考えると、地球の営みと関連します。日本周辺には、プレートがぶつかり合うところでできる火山がたくさんあります。マッキントッシュさんと同様ですが、海底火山はそもそもよくわかっていないので、必ず発見があります。研究者として、未知のものを調べるというのはとてもおもしろいです」(羽生毅グループリーダー)。

我一直對地球的形成歷史感興趣,它的時間尺度是數十億年?;鹕教峁┝岁P于地球內部條件的線索。此外,當你思考為什么在一個特定的地方有火山時,它與地球的運作有關。日本周圍有許多火山,在板塊碰撞的地方形成。就像麥金先生說的那樣,海底火山一開始就沒有得到很好的理解,所以總是有一些東西需要發現。作為一個研究者,調查未知的事物是非常有趣的"(研究組長說到)。

筆者にとっても、東京からこれほど近くに活動中の海底火山があることが驚きだった。伊豆大島にも行ったことがあり、多くの人が暮らしているそばで噴火が起きたら大変なことだと想像できる。海底火山の噴火がいつ起こるかは誰にも予知できず、噴火を止めることもできないが、こうして研究を重ねることで “得體の知れないものを漠然と恐れる”という狀態ではなくなる。マッキントッシュさんと羽生さんたちのチームは、これからも海底火山と向き合っていく。

即使對我來說,在離東京這么近的地方有一座活的海底火山,也很驚訝。以前去過伊豆島,我可以想象如果在很多人居住的地方附近發生火山爆發,那將是多么的毀滅性。沒有人能預測海底火山何時爆發,也無法阻止。麥金先生和羽生毅先生的團隊將持續對海底火山進行研究。